SPECIAL4つの特徴

英語に親しむ

幼い子どもたちの英語教育に必要なのは,即効よりも底力(そこぢから)です。無理やり英語を言わせることよりも,たっぷりと英語の環境にふれ,気がつけば英語を発語しているくらいが, ちょうどいいのです。この時期の英語体験が自然であればあるほど,自ら学んでいく年代へと成長したときの基礎部分としてしっかりと根づきます。一見遠回りに見えますが,結局のところ最短なのです。