MOTHER
GOOSE今月のマザーグース

2020年5月の紹介

Who killed Cock Robin?

コック・ロビンをころしたのは だあれ?

Who killed Cock Robin?
I, said the Sparrow,
With my bow and arrow,
I killed Cock Robin.
コック・ロビンをころしたのは だあれ?
おれと スズメがいった,
弓と矢で,
おれが ころした。
  
Who saw him die?
I, said the Fly,
With my little eye,
I saw him die.
ロビンが死ぬのを見たのは だあれ?
あたし とハエがいった,
ちゃっちゃな目だけど,
あたしが 死ぬのを 見たわ。
  
Who caught his blood?
I, said the Fish,
With my little dish,
I caught his blood.
ロビンの血をうけたのは だあれ?
ぼく とサカナがいった,
ちいさなさらに,
ぼくが 血を うけた。
  
Who'll make the shroud?
I, said the Beetle,
With my thread and needle,
I'll make the shroud.
だれが 経帷子(きょうかたびら)をぬう?
あっし とカブト虫がいった,
糸とはりで,
あっしが 経帷子をぬいまさあ。
  
Who'll dig his grave?
I, said the Owl,
With my pick and shovel,
I'll dig his grave.
だれが ロビンの墓をほる?
わし とフクロウがいった,
つるはしとシャベルで,
わしが 墓をほろう。
  
Who'll be the parson?
I, said the Rook,
With my little book,
I'll be the parson.
だれが お祈りをあげる?
わたくし とミヤマガラスがいった,
聖書を もっております,
わたくしが お祈りをあげましょう。
  
Who'll carry the clerk?
I, said the Lark,
If it's not in the dark,
I'll be the clerk.
だれが 手はずをととのえる?
それがし とヒバリがいった,
くらがりでなければ,
それがしが 手はずをととのえましょう。
  
Who'll carry the link?
I, said the Linnet,
I'll fetch it in a minute,
I'll carry the link.
だれが たいまつを かかげる?
わっし とムネアカヒワがいった,
ちょっくら とってこよう,
わっしが たいまつをかかげるさ。
  
Who'll be chief mourner?
I, said the Dove,
I mourn for my love,
I'll be chief mourner.
だれが 喪主をつとめる?
あたくし とハトがいった,
いとしいお方を しのびつつ,
あたくしが 喪主をつとめます。
  
Who'll carry the coffin?
I, said the Kite,
If it's not through the night,
I'll carry the coffin.
だれが 棺をかつぐ?
わがはい とトビがいった,
夜のとばりがおりてなければ,
わがはいが 棺をかつごう。
  
Who'll bear the pall?
We, said the Wren,
Both the cock and the hen,
We'll bear the pall.
だれが 棺のおおいをかざす?
わたしらが とミソサザイがいった,
亭主と女房 ふたりして,
わたしらが おおいをかざしましょう。
  
Who'll sing a psalm?
I, said the Thrush,
As she sat on a bush,
I'll sing a psalm.
だれが さんび歌をうたう?
わたし とツグミはいって,
枝に つばさやすめた、
わたしが さんび歌をうたいますわ。
  
Who'll toll the bell?
I, said the Bull,
Because I can pull,
I'll toll the bell.
だれが とむらいの鐘をつく?
おいら とオウシがいった,
つなひきは とくい,
おいらが とむらいの鐘をつこう。
  
All the birds of the air
Fell a-sighing and a-sobbing,
When they heard the bell toll
For poor Cock Robin.
空とぶ小鳥は みな
ため息もらし むせびなく、
コック・ロビンのために鳴る
鐘の音を ききながら。

 最初に「だれが殺したのか?」と問いながらも,殺したスズメは正直に答え,責められることはなく,死んだコック・ロビンの葬儀をどう行うか,といった内容の詩です。マザーグースの中でいちばん多く登場するロビン(駒鳥)は,胸がオレンジ色をした可愛らしい鳥です。ロビンはほかの鳥が亡くなると,その亡骸に葉をかぶせるという良い行いをすると言われています。そのようなロビンの葬儀ですから,仲間の鳥たちが協力して執り行うというわけです。鳥たちはそれぞれの得意分野を生かして葬儀を行おうとします。

 このマザーグースにはこれまでに,他の鳥や動物などが登場する多くのバージョンがあります。小さな本には子どもが好きな鳥や動物が鮮やかに描かれ,子どもたちにも人気のあるマザーグースです。韻が踏めるように鳥や動物の名前が詩の中に配置されて,goat(ヤギ)やdeer(シカ)などが登場するバージョンもあります。

  英語圏では、この詩の最初の部分はよく政権などが倒れるときに,新聞見出しなどに見ることがあります。日本でもマンガやゲームなどで取り上げられたことがありました。日本の作品にこのマザーグースをみつけたら,もとのこの英語のマザーグースをぜひ思い出してみてください。

マザーグースとは,英語圏の子どもたちの間で古くから伝承されてきたわらべうたのことです。イギリスではナーサリー・ライム(Nursery Rhymes)と呼ばれています。親から子どもへ,子どもからお友だちへ,また子どもからその子どもへと,時代や伝える人によって少しずつ変化しながら,うたいつがれてきた「古くて新しいうた」です。マザーグースは,うただけでなく早口ことば,なぞなぞ,昔ながらのイギリスの風俗・習慣を伝えるもの,人を皮肉ったもの,ナンセンスなど様ざまな種類があります。どれも韻をふんだり,くり返したりと英語の「音」や「リズム」が心地よく,思わず口にだして唱えたくなるものばかりです。